the うら煮

玄関を出る時にBGMを流して出勤のテンションが上がるか調べてみた

昨年、仲のいい先輩から「スマートスピーカーを購入したのでどういう使い方をしているのか教えて」という連絡がありました。
その頃の私は音姫を作るなど、あまり人に言えない使い方をしていたので役立つ回答をできませんでした。

先輩は役立たずの私を見かね、「声でテレビがつけられる」「家の外からエアコンがつけられる」と一人で使い方の案を挙げ始めました。そして最後に先輩は言いました。

「あと、家に帰った時にミュージックステーションの曲が流せますね

私はこの時、先輩の発想に脱帽しました。お手本のようなスマートスピーカーの使い方から突然のMステ。それと同時に、「あっ面白いから私もやりたい」とパクることを決めました。

はい、この記事は他人のアイデアにインスパイアを受けて(正しく言うとパクって)書いたものです。

我が家でもMステを流したい

しかし、私は在宅で仕事をしているため「帰宅」という概念がありません。

どうしたものかと考えていると夫が「会社に行きたくない」と毎朝ぼやいていることに気づきました。
念のため補足しておくと、夫の勤め先に問題があるわけではありません。シンプルに勤労の義務を放棄したがっているだけです。

理由はどうであれ、毎朝毎朝ぼやいているのを見るとこちらも気が滅入りますし、どうにかしてあげたくなるものです。

何とか夫の出勤時のテンションを上げられないかと考えていた時、先輩のMステの件を思い出しました。

どういうことかと言いますと、まず下の図をご覧ください。

[気の進まない作業]×[情熱大陸]→自分は情熱大陸に取材されている匠なのでは…?という錯覚→やる気UP

気の進まない作業、例えば残業やレポート課題などがあるとします。これを無音で作業すると、当然ながらめちゃくちゃ陰鬱な気分になりますよね。
しかし、この嫌な作業に情熱大陸のテーマ曲をプラスしてみてください。
すると、まるで情熱大陸に出演中の困難に挑戦している匠のような気持ちにならないでしょうか?私はなります。
やったことない方はぜひ試してみてください。

それと同様、出勤前にテンション上がりそうな曲をかけたら…夫の会社に行きたくない気持ちも少しは晴れるのではないでしょうか?

というわけで、テンション上がりそうなBGMを日替わりで毎朝かけてみます。

BGMを鳴らす準備

そうと決まれば早速BGMをかける準備をします。毎朝私がラジカセ片手に玄関で仁王立ちしても良いのですが、せっかく21世紀ですしIoT的なのをしたいなと思います。

用意したのはこちら。

AmazonのEcho Flexモーションセンサーです。
余談ですが4台目のスマートスピーカーです。うち2DKの狭小住宅なのに。多すぎだろ。

次にApple MusicでBGM用のプレイリストを作成しておきます。

勿体ぶって曲名にぼかしをかけたけど、特に面白みのある選曲はしていません。
ちなみに『情熱大陸』は何パターンかありますが、一番ベーシックな情熱大陸を選びました。

続いてAlexaアプリで定形アクションを作成します。

モーションセンサーが動きを検知した時、先程作成したプレイリストを流すように設定しました。

月曜日はプレイリストの1曲目、火曜日は2曲目…とできれば良かったのですが、さすがにそこまで複雑な設定はできないので、毎朝手動でプレイリストの1曲目を入れ替えることにします。

あとはEchoとセンサーを玄関に設置して準備完了です。

古い住宅なのでコンセント数が少ないため、延長コードを引っ張ってきています。できれば初日はサプライズしたかったのですが、こんな様子ではバレるだろうなぁ。

検証開始

―次の日の朝。

玄関で靴を履く夫。棚に今までなかった機械とあからさまな延長コードが設置されているのに全く反応を示しません。

Echo Flex

(モーションセンサーが反応)

夫

……。

Echo Flex

〜♪(情熱大陸)

夫

……。

なんということでしょう。音楽が流れ始めたにも関わらず夫が反応を示しません。
朝の気だるい雰囲気の中で情熱大陸が軽快に流れ続け、なぜか羞恥心が湧いてきたので事情を説明しました。

夫は事情を理解したものの、衝撃的なことを言い放ちます。
音楽が流れてることには気づいていたけど今流れている曲(情熱大陸)が何なのか知らない、だから反応しなかったのだそうです。お、お前…情熱大陸は毎週欠かさず見てるだろうが!!!

というわけで、2週間日替わりでBGMを流し、その日どれくらいテンションが上ったのか、そして仕事のパフォーマンスに影響したのかを帰宅後に聞いてみることにします。

1週目・月曜:情熱大陸

まずは上で例にも挙げた情熱大陸のオープニングテーマ。個人的にはこれを聴くと一番やる気が出ます。しかし夫にとっては知らない曲なので、テンションもさほど上がらないでしょう。

夫

何の曲か分からなかった。でも情熱大陸ならテンションは上がると思う。

「テンションどれくらい上がった?」と聞いたところ「とても」と雑な回答が返ってきました。一応5点中4点評価とします。仕事への影響はなし。
大して夫の心に響いてなさそうなのが気になりますが、2週間続けてみます。

1週目・火曜:スリル

布袋寅泰の曲。イントロ部分が江頭2:50の登場曲として有名です。

夫

曲は好きだけど、僕はエガちゃんじゃない。テンポはいい。

エガちゃんじゃないからテンション上がらないとか言い出したらほとんどの曲がダメじゃん。

1週目・水曜:Because We Can

イントロ部分がM-1の出囃子で使用されています。

夫

M-1のテンションを強要されてる気分になる

個人的にテンションが一番下がったBGM。
曲そのものはいいのですが、日常のBGMで使うと「M-1の真似をしようとしている寒い人たち」になった気持ちになります。

1週目・木曜:サウスポー(ブラスバンドバージョン)

ピンク・レディーの名曲。高校野球の応援でよく使用される曲です。

夫

高校野球を見ないから何でサウスポーなのか分からなかった。ブラスバンドは応援されてる感があっていい。

夫が出ていって一人になった玄関でブラスバンドを聴いていると「高校球児は頑張っているのに私は一体何をしているのだろう」と我に返りそうになりました。

1週目・金曜:銅鑼&法螺貝

強敵の登場音と言えば「ジャーンジャーンジャーン」ではないでしょうか?(横山光輝『三国志』で頻出する銅鑼の音。英傑・関羽の登場シーンが特に有名)
出勤時にジャーンジャーンするとまるで自分が関羽として出陣する気持ちになれそうです。

ただ、銅鑼の音だけだと伝わりにくそうなので、戦場で鳴っていそうな音ナンバー2である法螺貝の音色も入れました。

個人的には会社いくさばに向かうのにふさわしい、一番おすすめのBGMなのですが…

夫

???何の音?

夫には全く伝わりませんでした。

2週目・月曜:Runner

2週目に突入しました。テンションやパフォーマンスに影響しているのか甚だ疑問ですが、今週もやってみます。

そして、この辺で純粋な応援ソングを流してみます。月曜は爆風スランプのRunner。

夫

懐かしいけど、もっとテンポ早くないとテンション上がらない

Runnerも割とアップテンポな曲だと思っていたのですが…。

2週目・火曜:Ali Bombaye

「猪木ボンバイエ」の原曲。モハメド・アリの映画のテーマ曲。もちろん最初に「アーリ!ボンバイエ!」のコールが入っています。

夫

ボンバイエのコールが長すぎて曲を聞く前に家を出た

そもそもをコールしか聞いていないのでテンションもクソもないのですが、意味不明な銅鑼&法螺貝よりマシだそうなので、この評価です。

2週目・水曜:労働CALLING

怒髪天の曲。個人的には労働ソングと言えばこれ。歌詞はこちら(外部サイト)

夫

これはない。
怒髪天も曲も好きだけど、この曲はどちらかと言えば労働嫌だなぁって曲だし、月曜日火曜日ってカウントする(※)から1週間長いなって嫌になった。

※「地獄かよ月曜日、うんざりくるぜ火曜日、まだここか水曜日〜」と1週間を読み上げる歌詞がある

哀愁漂いながらもコミカルで大好きな曲ですが、確かに出勤前に聴く曲ではないのかもしれません…。

2週目・木曜:ミュージックステーションのテーマ

今回の検証の発端となった曲。アイデアだけでなく使用する曲もパクります。

Mステで流れているのは「#1090 ~Thousand Dreams~」なのですが、Apple Musicで配信されていないので再現曲を使用しています。

夫

Mステって夜の番組なのに…朝に聴くものではない

不評でしたが銅鑼&法螺貝よりはマシということでこの評価です。どれだけ銅鑼と法螺貝に理解がないんだ。

2週目・金曜:Etupirka

最終日は情熱大陸のエンディングテーマとしても使用されている「Etupirka」です。情熱大陸のオープニングと同じく、情熱大陸出演者の気分になれそうな曲ですが…

夫

テンポが遅い

予想通りの結果となりました。テンションを上げるにはかなりテンポ早めの曲が必要なようです。評価は芳しくないですが、相対評価でこの評価となりました。

というわけで、2週間の検証が終了しました。

ご覧の通り、パフォーマンスへの影響は全くありませんでした。
でも冷静に考えたら、家を出る時に聴いたBGMで1日のパフォーマンスが左右されていたらヤバいですよね。

では、テンションにはどれくらいの影響があったのでしょうか?

夫に2週間毎朝BGMを流して、実際のところどうだったのか感想を尋ねてみました。

夫

毎朝何が流れるのかまあ楽しみではあったけど、テンション・パフォーマンスへの影響は全くなかった。無。
それより毎回爆音で流すから玄関開けたときにお隣さんに聞かれそうでヒヤヒヤした。正直言って二度とやらないで欲しい。

というわけで、

親切心でやったつもりが完全に嫌がらせとなってしまいました。
今回は失敗しましたが、今度はマサイジャンプなどして夫のテンションを上げることに挑戦したいと思います!



嫌がらせにかかった金額、3,560円。

/